すっかり秋。

ずいぶんと久しぶりの投稿になってしまいました。

 

何をしていたかというと、、、我が家に3番目の子が産まれました。

予定日は8月の末だったのですが、我が家の子供達みんなのんびりで予定日超過。

3番目の赤ちゃんもその通りで、予定日を1週間と少し遅れて9月の初めにようやく会うことができました。

 

そして今は10月も終わりそう。

なんやかんやしている間に木々の葉っぱはハラハラ落ちて、外はすっかり秋。

 

家族みんな楽しみに楽しみに待っていた赤ちゃんが訪れて、姉2人は退院して来たその日からもう溺愛。

退院後の私と赤子は一瞬、人気者に。

なんと言っても、みんなが寄って来る!笑

 

夫と私は久しぶりの新生児の取り扱いにあたふた。

 

3年と少し前に経験済みのはずなのに、しかも3回目なのに、

 

全然覚えてない!!

 

こんなに寝ないもの???新生児!!

 

 

わかってはいたけど、こんなにもみんな個性があるものなのか…と。

寝ない!

いや寝るんだけど、驚くほどにすぐにお目覚め。

寝てるか、飲んでるか、泣いてるかのどれか。

 

いや〜、しびれます。

 

 

我が家の次女は昼でも夜でもお腹が満たされれば「スヤ〜」と勝手に寝てくれる子だったので、そんなイメージでいた私がアホだった…。

 

長女の時はもはや覚えてもいないけど、、、

1人目だったのもあって、

 

日々全力投球!!

 

って感じであまり記憶には残っていないのですが、何せその子だけを見ていれば良いので、一緒に寝たり起きたりできたな…と。

 

今もそういう感じにしようと思えばできなくはないけれど、

やっぱりね、

 

どうしても赤ちゃんに手がかかるので、できるだけ姉ズ2人と過ごす時間も欲しいなぁと。

って思うと、赤ちゃんが寝てる間が姉ズとの時間。

 

大変なのは今だけで、あとは少しずつ楽になっていくのはわかるし、あっという間に大きくなってしまうのもわかってはいるのだけど、、、

 

やっぱり大変。。。

 

寝たい!今!

日々、白目をむいて生きております。

 

そして今回の出産は初めての帝王切開。

術後の痛みが壮絶すぎて、これまた悶絶していたのですが、その痛みの記憶もおぼろげになりつつあります。

人間の体ってすごい。ちゃんと治る力があるんだもんね。

 

そしてチェコ、帝王切開でも入院期間は4泊。

傷の痛みが癒える間もなく自宅生活がスタートしたのでした。。。

いや〜、よく頑張った。いや、頑張ってる!

 

コロナの影響もあって、産院は面会禁止。

産後も実家からのヘルプは残念ながらなし。(両実家の両親たちの歯痒い思いは伝わってます。)

 

でもその分、

赤ちゃんの成長の凄まじさや、姉ズのお姉さんっぷりに日々驚き。

 

みーんな元気。

 

あぁ、ありがたい。

 

 

この世に生まれて来たことをまだ認識してないのか…な寝顔。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です