甘い夕食が日常。

ちなみにコレ、今日の夕食でした。

 

ワッフル

ルバーブのジャムと蜂蜜はお好みで。

 

ワッフルはイーストを使わず自家製の発酵種で1日かけて発酵させて、お砂糖はほとんど入っていません。

 

 

子供大好きメニュー。

 

他にも

パンケーキやクレープ、果物入りの蒸しパン(みたいなチェコ料理)、ミューズリー入りヨーグルト…

 

完璧、「おやつ」の分類ですな……

 

いつかのパンケーキ。自家製ママレードとマスカルポーネチーズ。

 

 

チェコに来たばかりの頃は、

 

これが夕食???は???マジ???

野菜は?サラダは?

 

とか思ってたなーーーー(遠い目)

 

なのに!

もうすっかり慣れました。

というか、なんなら、進んで作ってます。

みんなが楽しく食べられるから。

 

野菜は明日食べれば良し。

キュウリやニンジンをかじっていれば良し。

 

チェコではお昼にスープとメインと(あれば)サラダをしっかりと食べることが多いです。

なので、夕食は軽くという家庭が多いのです。

 

私はこのスタイルが好き。

 

毎日甘いものを食べているわけではないのですが、それでも夕食は軽め。

パンとチーズとハムと生野菜とか。

スープとパンとか。

スープとおにぎりとか。

 

 

こんな私でも、

 

チェコに来て1~2年は、妊娠中〜子供が産まれたばかりの頃というのもあって、食べるものに関してはまぁまぁ気を遣っていた気がします。

 

バランス良くちゃんと食べてもらいたいとか。食べさせなきゃ、とか。

 

そう考えると和食ってやっぱりバランスが良いので、和食を作りがち。

でも和食って、品数が必要だったり、ここで手に入りにくい材料が必要だったり、、、手間がかかる。

そしてチェコ人夫も子供達も、それほど和食に執着がない。

なんなら私も。

 

 

だからなのか、だんだん遠ざかってしまったのです。

 

 

あの頃の

「どうしても!!」

という気持ちは時が経つに連れ、しゅ〜〜〜〜っと消えて行きました。

 

で、

我が家のテーブルには今日もチェコ料理(というか無国籍?)が並びます。

 

日本の食事が嫌いになったわでも、食べたくないわけでもないんです。

日本に行ったらご飯も納豆も豆腐もお魚もひじきもワカメもたんと食べたい。

そう、日本に行ったら食べたい。

 

 

と言いつつ、

 

たまにご飯を炊いてお出汁をとってお味噌汁を作ったりすると、

「あぁ、たまらん」って思うんですけどね。

 

でも週1回(はたまた月1)だからそう思えるのかも。

 

 

いつかの週末ランチ。

ハンバーグ、ケチャップ、バンズ、フライドポテト全部手作りして自己満足セット。

サラダ菜とラディッシュも実家のお庭から。

 

子供達、大喜びでよく食べる。

でも日本に行くと滞在中は納豆ご飯を食べまくる。

その場所、その土地の気候で、美味しいものや食べたいものは変わってくるんですよね、きっと。

 

あ、ちなみに、ハンバーガー一番喜ぶのはチェコ人夫です…。(ニヤニヤしながらあっという間に完食)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です