暖かくなってきたということは…

こんにちは。

苺が出始めてきたので、苺のチーズケーキをお持たせに。

 

もうすっかり春の日差しで、真冬の分厚いコートを脱いだら気持ちも晴れやか!です。

さて、少しずつ暖かくなってきて日も長くなってきた、ということは……

 

公園通いの日々がやってくるのです。

冬の寒い時期は

「うちの中で遊ぼうね、しょうがないよね、外寒いから」

と言って、それ以外選択肢もないので、家で過ごすことが多かったのです。

 

が、、、外に出られるようになってきたこの時期、でもまだ長い時間遊ぶには寒い公園。

外では遊びたいけど、できたら、あの…早めに帰ってきたいな、なんて…。

という初老母の声など1歳+3歳には届くはずもなく…。

しかも私自身も、天気が良いのに公園行かないのは、何と言うか罪悪感みたいなものが…。

なんか義務というか…

 

この感じ、何か前にも経験したことがある感じ…と思ってモヤモヤしていたら

 

ポクポクポク、チーーーン!(わかった!)

 

犬の散歩!

 

そう、まさに。

時間になったら「行かなきゃ」って思う、アレです。

雨はともかく、雪でやたらテンションが上がるのも、子供と犬に共通している…

 

そしてもちろん、公園行ったらとことん遊ぶ。

で、やっと帰るその帰り道には

 

「疲れてお腹すいて歩けない〜」

 

とか、なるわけです。

 

で、乗って行ったバイクやキックボードやボールや砂遊びのバケツもろもろを抱えながら半ギレになっているのは、この私…です。

どうして、行きと帰りで同じ乗り物に乗ってくれないんでしょうかね。子供たち。

そして肩車をしてほしいだの、ここでパンが食べたいだの(ここ道端)、言い始めます。

 

もうちょっと、さ、お腹すく前に気がつかないかな?あと歩ける余力を残して帰ろうか?とか。。。

 

でもこういうのもきっと一瞬で、今だけなんだろうなぁと思うと、愛おしい時間です。

(ということを思うのはたいてい子供が寝静まった夜。そして明日の朝には忘れている。)

 

おそらくきっと、日本にいたら長くても産後1年で復職するだろうし、今の時間はとっても貴重なもの。

そもそも子供がいる生活を想像していなかった私にとっては、今でもたまに「夢かな?」って思う時があるほど。

 

そんな宝物のような時の渦中にいるという気持ちがあるのに、毎日怒鳴るのはなんでだろう。

いつもいつも急かして、怒鳴って。

もうちょっとゆるりと、どすんと構えていられる母ちゃんでありたいと思いながらも、今日も変わらず怒鳴ってばかりの母ちゃんです…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です