クリスマスに食べるパンと、メレンゲの甘いの。

クリスマスのパンを焼いてみました。

クリスマスのパンと言うと、ドイツのシュトーレンやイタリアのパネトーネが有名ですが、チェコにもクリスマスに食べられるパンがあります。

Vánočka ヴァーノチカ

レーズンやアーモンドスライスなどをトッピングした、ほのかにスパイスが香る甘いパンです。

チェコとスロバキアでクリスマスに食べられるこのパン、一年中スーパーやパン屋さんで買うことができるのですが、クリスマスには手作りという人も。

この編み込み、難しくて無理だわ〜と思っていたのですが、焼くし、膨らむし、、で、多少おかしな編み込みでもどうにかなっちゃいます。(と思っています…笑)

このパンは薄くスライスして頂きます。

 

私が作ったヴァーノチカは卵黄だけを使用するので、余った卵白でメレンゲのお菓子も作りました。

 

卵白とナッツとお砂糖だけ。

 

このお菓子、チェコのレシピで作ったのですが、味が和三盆のような落雁のような、なんかすんごく美味しいのができちゃったんです。(和三盆と落雁はだいぶ違うよね…私の味覚よ…大丈夫かな)

泡立てた卵白にお砂糖+ナッツをパウダーにしたものを混ぜて、低温オーブンで乾燥させただけ。

今回はちょっと美味しいお砂糖(きび砂糖)と、実家の庭で採れたクルミをふんだんに入れたのが良かったのかもしれません。

これもチェコのクリスマスに作るお菓子のひとつです。

お砂糖とナッツたっぷりなのでハイカロリー間違えなしですが、美味しい!です。

今回初めて作り、それまで食べたことがなかったので「美味しいんだけどはて?正解は?」と思っていたのですが、食べてもらった友達(チェコ人)に、「コレ正解!」と言ってもらいました。

 

recipe

225g  ナッツ(ヘーゼルナッツやクルミなど)

125g  粉砂糖

4個分 卵白

175g  グラニュー糖

  1. 180度に温めたオーブンでナッツと粉砂糖を混ぜたものを焼く。(8分)

  2. 1.をフードプロセッサーなどで粉々にする。オーブンの温度を90度に下げる。

  3. 卵白をしっかり泡立て、そこにグラニュー糖を投入し再度混ぜる。そこへ粉々にしたナッツ+粉砂糖を投入。

  4. 絞り袋またはスプーンで天板に並べる。

  5. 90度のオーブンで最低2時間半は乾燥させる。

 

クリスマスまでもう少し。

義理母と電話をしていても、ソワソワが伝わってくるよう。

日本のアレですね、年末感。

思い出すとやはり日本のお正月が恋しくなるのですが、、、ここでのクリスマスも、それはもう楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です