クリスマスはツクロヴィー

トップの画像が酷い雑なクッキーでごめんなさい。
子供がね、産まれる前はもうちょっとね、拡大してもまぁまぁ見れるものを作っていたんですがね…(言い訳)

 

さて、今日はチェコのクリスマスにかかせないもの…

ツクロヴィーcukroví  (クリスマスに食べる甘いもの色々) です。

スパイスを効かせたジンジャーブレッド的なクッキーや、くるみやナッツをふんだんに使ったもの、チョコやキャラメルなどのクリームの入ったどっしり系、各家庭で様々な種類のお菓子を作ります。

12月に入ったくらいから徐々に準備をしていき、保管しながら少しずつ頂き、クリスマスを迎えます。クリスマスには各家庭のテーブルにはたくさんの種類のお菓子が並びます。

この時期はスーパーにもケーキ屋さんにも、ツクロヴィーがたくさん。

我が家も12月に入ったくらいからちょこちょこ作っています。

今年は少し少なめ、食べてもらいたい人の顔を思い浮かべながら、美味しく食べ切れる分を、娘と一緒に楽しく作れる量を作ることにしました。

この日はペルニチキperníčkyという、ジンジャーブレッドクッキーのようなスパイスの入った型抜きクッキーを。

 

何か始めると寄ってくる1歳。だよねーー。

 

焼き上がり。

 

こんなのも型取りして焼いてみる。

 

組み立て後、こうなりました。極狭住宅。

 

子供達が寝た後に、ワイン飲みながらクッキーにお絵描き。ただ…年々雑になっている。妥協が酷い。。。

 

チェコの一般的なペルニチキperníčkyにはジンジャー(生姜)はほとんど入りません。
シナモン、コリアンダー、カルダモン、アニスなどのスパイスと蜂蜜などが入ります。
色付けにはココアパウダーや糖蜜、黒砂糖を使ったります。

これは、日本人のお友達にも好評。

レシピ教えてと言われることも多いので、載せてみます。

 

レシピはこの本から。

perníčky レシピ 

小麦粉 400g
バター 75g
卵 2個
粉砂糖 140g
蜂蜜 スープスプーン2
重曹 スプーン1
スパイスミックス スプーン2
ココアパウダー スープスプーン1

  1. 全ての材料を混ぜて生地を作りまとめて冷蔵庫で12時間以上寝かせる。

  2. 好みの厚さ(3〜5mm)に伸ばして型抜き。

  3. 溶き卵(分量外)を塗ってツヤを出す。

  4. 170℃に予熱したオーブンで焼く。生地の厚さと好み、オーブンによって時間調整を。(5〜10分くらい)

  5. 冷めたら好みでアイシングを。

    『Apetit EDICE Cukroví』

※卵白+粉砂糖+レモン汁もしくは、レモン汁+粉砂糖だけでもアイシング用のクリームが作れます。

 

私はサクサクボリボリ歯ごたえがあるクッキーが好きだったんですが、多くのチェコ人の好みはどうやらしっとり(ん?ちょっと生焼けじゃ…?)って思うくらいのものが好きみたいです。そして私の好みもしっとり系にシフトしているという現実…郷に入れば郷に従いすぎ…。

作ったものは、お友達のお家へお邪魔するときのお持たせにしたり、幼稚園へ持っていったり、実家へ持っていく用にしたり、お世話になった人へ届けたり、、、

もちろん家でも少しずつ食べながら、クリスマスまでのワクワクを楽しみます。

あとは…プレゼントの梱包の仕上げ!でクリスマスを迎えます。

 

どちらにいる皆様にも、素敵なクリスマスが訪れますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です