引きこもりウィークエンド。鴨が美味しい。

思いつきで作った人形たちが、全く誰にも愛でてもらえない現実…。

子供の小さくなった服を再利用して、ずっと近くに置いておけるように…♡なんて、甘い考えだった。。。

 

こんにちは。

ここ数日日中は外へ出ていないので、外の体感温度が不明…。

スウェットとスッピンエブリデイです。

温度計は5℃と表示されているので、寒くはなさそう。

 

どうして外出できていないかと言いますと…

 

子供、風邪。

 

そりゃあこの時期、先の予定をキャンセルせざるを得ない事態は想定内だし、

ありがたいことに周りの理解もあるし、

仕事をしているわけではないので

良いですんけど。

 

だけどーー!!

やはり、突然のキャンセルは

 

ガビーーーーン

 

となるわけです。(約束をしていた方にも申し訳ない…)

 

先週末には友人と一緒に味噌を仕込む予定だったので、前日から大豆を水に浸していたのです…1kg。

で、当日娘発熱…。

味噌作りは延期…。

 

水を吸った大豆1kg… 見れば見るほど結構な量。

お豆腐を作り、おからビスケットを作り、煮豆にしたりして、あとは水煮で冷凍。

 

固すぎて娘が泣いた、おからビスケット。

 

なんだかんだで、消費できそう。何ならもう少し多くてもイケそう。

ヤルな、自分。(すぐ調子に乗るところは本当に改善したいのですが、どうにもならん)

 

お豆腐は、いつもはちゃんと計量して作るのですが、今回は適当。

大豆と水の分量も煮る時間もにがりの量さえも…。

 

結果

 

普通に美味しくできました。

 

今までの計量、なんだったん???

 

そんなお豆腐も、我が家の姉妹と夫はちょこちょこっとつまむ程度なので、ほぼ私のお腹へ…。

チェコ人でも和食やヘルシーなものラバーな人は多いのに、うちのチェコ人夫はやはりチェコ料理ラブ。

 

なので

 

この日の昼食はチェコ料理。

しかも娘、「鴨が食べたい」とか言いだしたので。いつもはお肉食べないのに。

チキンじゃなくて、鴨。だそうです。

 

鴨はチェコではスーパーで普通に売っています。(一羽丸ごとも、切り分けられたものも)

好きだけど、夫のママが作ってくれることが多いので、そのくらいの頻度で食べれればいいかな〜と思っていて自分で作ったことはなかったのですが。

やってみたら

 

想像以上に美味しい!で、簡単!

 

130℃前後の低温オーブンで3時間くらい焼くだけ。

焼く前にオイルを少しだけかけましたが、鴨から油がたくさん出るので、自然とコンフィの状態になるのです。

蓋つきのキャセロール(ココット?)で焼きました。

出来上がり直前でオーブンの温度を上げるか、オーブンから出してフライパンで焼くと、皮がパリッとして美味しいです。

 

クネドリーキ(チェコの蒸しパン)とキャベツを添えて。

 

お豆腐とか大豆のちょこっと食べに比べたら、このお皿はみんな夢中で食べてたな〜。

肉食な我が家です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です