今年のキャンプ納め。

チェコでもここ数年キャンプが人気。

 

オートキャンプ場はどこも結構な人。

 

人が多いのはちょっと…と思いつつも、トイレや水場、シャワーがあるのは子連れにはありがたい。

でもね〜、若者の近くは夜の盛り上がりがハンパないので(音楽の方、ズンズンドンドン。それ以外は聞いたことない、今のとこ)。

 

人を避けつつトイレにも通える距離…

水を調達しやすい場所で…

なるだけ平らなところ…

お隣さんは子供に優しい人が良いな〜

とか文句(?)ばかり言いつつ、毎回場所を決めています。

 

チェコのキャンプ場はそのほとんどが、特に場所を区切られることもなく、どこでも停めて良いしどこにテント張っても良い、な感じ。(その代わり、自分で探せよ、的な)

今回はテントの脇にすぐ車を停められたので、荷物運びは格段に楽!

特に、チョロチョロする小さい子連れには良かったです。

 

金〜日曜の週末弾丸キャンプだったので、特に予定も立てずゆったりまったり、食料もほんの少し持参しただけ。

子供達も私たちも思いの外よく眠れて、びっくりでした。

 

チェコのキャンプご飯といえば…

 

ソーセージ。

特大ソーセージに切り込みを入れて(焼いてる時に余分な油を落とすため)、そこらへんの枝切れ(専用の刺すやつもあります)に刺して焚き火で焼く。

それにケチャップ+マスタードたっぷり、スライスした黒パンと一緒にいただきます。

 

鍋持参で野外料理をする人もいますが、日本のキャンプに比べると食に対しての情熱はそうでもないかな…な印象です。

我が家も今回は、缶詰のスープを温めて食べたり、インスタントラーメン作ったりしただけ。

チェコにもインスタントラーメンがあるのですが、キャンプの時くらいしか食べません。(美味しくないし)
でも子供達の食いつきが半端ないのです… 化学調味料って美味しいのね……

 

あとは朝ごはん用のパン&飲み物、常温でオッケーな果物をたくさん持って行ったくらいでした。

 

 

今回も相変わらず、いつもの仲良し家族と一緒。

 

景色の良い場所で夕焼けを見てる風ですが、実際は…

子供達が静かに座っているわけがなく…

親たちは終始叫んでいるという…

 

「あ〜〜!!!そっち行っちゃだめ!座って!落ちるよ!」

ってな感じです。だって、ここ崖。。。

 

 

 

この仲良しママ、飾らないのにスタイル抜群。
子供同士の年齢はもちろんだけど私たちも同じくらいなので、とても居心地よく仲良くしてもらっているのです。

 

 

まだまだ小さいと思っている子供達ですが、あと何年こうして一緒にいろんなことをできるのかな〜と思うと、どうしても涙腺崩壊しがちな初老母…。

 

元気でいなきゃな…。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です