夏の休暇の過ごし方

先週はまるっと1週間、ドイツとの国境近くの山に滞在しておりました。

 

日本で仕事をしていた頃は、1週間も休暇をとるなんて考えられなかったのですが、、、

 

やっぱりいいです、ヨーロッパ。

いやそもそも、私は仕事してませんけどね、ここで。

 

ちなみにチェコの学校、約2ヶ月間学校閉鎖でしたが、しっかり夏休みがあるそう。

 

 

今年はコロナの影響もあるので直前まで、旅行どうなるかな…どうしようかな…という思いもありましたが。

行ってみたらやっぱりよかった。

 

7月からは日本からの渡航も可能になったり、国境がオープンになったりもしています。

そして、条件はあれどマスクは必須ではなくなりました。

 

とはいえ、

だからこそ、

 

 

自分の身は自分で守らねば。

 

 

 

いつもの夏がそうであるように、強い日差しと冷たいビールに浮足出すこの時期。

なんとなく

「大丈夫だろう〜」と思ってしまいがち。

 

でもね、やっぱりまだ個人的には人混みは避けたい。。。

 

でも遊びにも行きたい。。。

 

いろんな思いが交錯。

 

そんな私達にはこの貸しコテージ(チェコではChataハタ)がぴったりでした。

広いお庭もあって遊べるし、自炊もできる。

 

気温が上がった日はお庭で水浴び。

 

 

連日の山歩き、いもーとはきのこに夢中。

 

 

初めて馬に乗った2年前から、毎日のように願い続けてきた乗馬の夢も叶いました。

 

 

子供達が大きくなるにつれ、お出かけするのが本当に楽しくなりました。

 

家族皆で同じ経験をして、それを言葉で共有できて、一緒に振り返ることができる。

 

もちろん、普段の生活でも同じことが言えるのかもしれませんが、非日常かつ自分たちの生活スペースとは別の場所での経験って、本当に特別だな…と。

 

 

海なし国のチェコに住んで6年、夏になると念仏のように

「海行きたい」「海行きたい」「海行きたい」

 

と唱えていた私。

 

 

去年あたりから海に取り憑かれることもなく、山や湖でのアウトドアが楽しくなってきました。

家族と一緒ならどこでも楽しいな…という境地にようやくたどり着いたよう。(6年かかった…)

でもまたきっと、また念仏唱えると思う…。(それが、私)

 

 

牛の群れが至るところに。

どこかに美味しい牛乳が売られているのでは…とか思ったのですが、ナイ。

 

 

日本だったら、牛乳直売とかソフトクリームとか、必ずありますよね…。

そういうの、ないのがチェコ。なのか。。。

 

でも外で焼いてみんなで食べるソーセージは美味しかったし、半年ぶりに食べたレストランの食事には感動したので、

 

ま、いっか。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です