久しぶりのにんじんたっぷりケーキ

こんにちは。

体調不良の波が私から娘たちへ、そしてまた私へ…とぐるぐる回っているこの時期。

際立つチェコ人夫の丈夫さ…。

 

さて、そんな引きこもり生活で、先日作ったにんじんケーキがとっても美味しくできました。

にんじんの甘さとココナッツフレークとカカオニブの歯ごたえがなんとも良き。

 

カカオニブとは

カカオ豆を焙煎後、外皮と胚芽を取り除いて砕かれた状態のスーパーフードで、チップ状に販売されているのが一般的です。

ちょっと苦味があってナッツのような食感もあります。

食物繊維やポリフェノールなど体に良い栄養素が多く含まれていますが、カフェイン含有量も少なくないので、あまりたくさん食べるのは注意が必要です。

 

成功の秘訣はしっかり泡だてた卵白だと思います。

 

ちなみに

卵黄+砂糖+バターをすり混ぜ、そこににんじんペースト、ココナッツ、カカオニブ、粉類、最後に泡だてた卵白をふわっと混ぜました。

 

お菓子でも料理でも、しっかり計量することができないのです、私。

例えば本を見ながら計量したとしても、もう少しいるかも…とかわけのわからない思考が働いてしまうんです。

 

なんなんでしょうね、この現象。

 

 

 

ここ数週間は引きこもり生活というか軟禁生活というか。

 

「外へ出ることがストレス発散であり、家の中にずっといるのは無理。」

 

と思って生きてきた私ですが、ここ最近、

 

家から出ないのラク〜!」

 

と思うようなってきました。

歳かな。

 

3歳+1歳連れて午前と午後に一回ずつ買い物や公園に通っていた自分が信じられません。。。

それも、大変だけど楽しく外出してた記憶が…。

今出たくないのは時期的なものもあるかもしれませんが、高齢母だからかな…娘よ、すまん。

 

最近の外出は長女の幼稚園のお迎え(徒歩3分)のみ!という日もザラです。

何なら食材の買い物さえも仕事帰りの夫に頼んだりしています。

ただでさえお洒落から遠のいているチェコ生活、このままでは普段着がスウェット&Tシャツになるのも時間の問題…。

しかも少し前に明るくした髪色からさらに色が抜けて金髪、ひと昔前のヤンキーの出で立ちです。まさに。

さらに最近はその格好にコートを羽織って幼稚園の迎えに行ったりしている始末…

 

自分でもさすがにここらへんで歯止めをかけなきゃいかんと思っております。

 

が!同じ幼稚園に迎えに来るママの中にスウェット+すっぴん仲間がおりまして(挨拶しかしないけど、勝手に仲間だと思っている)、どうにも親近感を覚えてしまっているのです。

あのママがスウェットお迎えやめたら私もジーンズに履き替えてお迎え行こう!と決めております。(履き替えてもジーンズ…)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です