おうち時間の楽しみは…食べること。

こうずっと、外へ出ず家族以外の人との関わりがない毎日を送っていると、

今がなんの季節か、これから暑くなるのか寒くなるのか、

一年のうちの一体今はどこなのか、

 

いろいろ見失います。

 

 

でも良いこともまぁまぁ。

時間があるので、子供達には手作りのおやつを作ることができます。

 

お友達とも遊べず、幼稚園や公園にも行けずとなると、

 

楽しみはやはり

 

食べること!!

 

これに尽きます。大人も子供も一緒。

 

子供達がもっともっと小さい頃は、砂糖なしや添加物なしのおやつ作りをせっせとしていたものですが。

 

社会生活を送る上で市販のお菓子に出会ってしまうのも事実…。

 

私もポテトチップスやチョコレートは好き。ハリボのグミも大好き。

なので、それらが「悪」とは思いません。

まぁ、進んで食べろとは言いませんが。

 

だって友達と食べたりおじいちゃんやおばあちゃんからもらうお菓子は嬉しいもんね。

 

ですが今のことたっぷりあるおうち時間、作ろうと思えばなんでも作れちゃいます。

そう、気持ちがあれば…。

これね、余裕がないとできないです、ハイ。

 

 

私も夫も、どちらかと言うと砂糖よりも添加物の方が気になります。

なので、手作りとはいえ「砂糖なし」にはこだわらず。

その時食べたいもの、リクエストがあったものを。

 

子供は特に、その時に「食べたいもの」が実はいま、体に足りてないものだったりするんですよね。

 

お籠り生活1ヶ月が経ちますが、よく考えると最近、

 

市販のおやつを欲しいと言わなくなったのです。我が子達。

 

これ、本当に不思議なんですが。

特に意識して市販のものをあげていなかったわけではありません。

何なら食品棚にはいつも以上にお菓子が溢れています。。。(外出制限が出て、万が一の非常食も兼ねてシリアルバーなども多めに買いました)

 

ただ時間があるから、おやつを手作りする日々を送っていただけ。

 

以前は、

「なんか甘いもの食べたーい」

「なんかおーやーつー」

「もっと、もっとーー、たーべーたーいーー」

というフレーズを1日に10回は聞いていたような気がするのですが。

 

今もおやつを欲しがるのは変わらずですが、なんかこう、言い方がマイルドに。そして回数も少なく。

 

そう、、、しつこくない!!!

 

ような…気がする。。(我が子にしつこいって……ゴメン。でもあるよね、しつこいの。)

 

 

市販のお菓子って、もっと食べたくなる中毒性みたいなの、ありませんか?

 

今は外食も出来合いのものも、全く食べてないので、

 

なんかそういうことが関係しているのかな?と思ったりもしています。

それが日々を生き抜くモチベーションにもつながったりして。

 

とは言っても、

私だってたまには自分以外の誰かが作ってくれたものや

ジャンクなものも食べたくなるんですが…。

 

家族のために一からいろいろ作ることができる時間と気持ちの余裕がある今を楽しむのも、なかなか良いなぁと思う日々です。

 

イーストで膨らむふわふわドーナツ。

 

残りご飯で醤油せんべい。

 

ベーコンエピ。 どこをどう切ってどっちに折れば良いか途中から分からなくなりました…。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です