山羊チーズ1キロの塊の行方…

こんにちは。

今日は久しぶりの晴れ間。

日中はポカポカ陽気。

 

幼稚園帰りの3歳娘が急に真剣な顔で

「もうアイスが売られていると思う、行こう」

 

と。

(チェコでは春から夏にかけての暖かい時期にしかソフトクリームが売られません)

あまりに真剣なので笑うこともできず、むしろ「さもありなん」とすら思えてきて、言われるがままバスに乗ってケーキ屋さんへ。

やっぱり、まだ売ってませんでしたけど。

 

その足で寄り道した公園で案の定、長居をすることになり帰る頃には芯まで冷えました…。

しかも予想通り、みんなグズる。いいよ、知ってた。

どうでも良いけど、

 

サ、サムィ。

 

そりゃまだアイス売られないわなと、納得。

 

そんな我が家の今日の夕食はジャガイモとソーセージのあったかシチューでした。

 

さて

 

山羊のチーズ好きですか?

チェコにはヨーグルトやチーズなどの乳製品の種類が多く、お値段も安い。

うちもみんな乳製品大好き。

それにしたっても、1kgですよ。

夫が誕生日にもらった山羊のチーズの塊。

 

山羊のチーズも好きだと思っていたんだけど、なんかコレ、ちょっと臭みが…。自然の香りが…。

子供達もあんまり食べなくて、当の夫も積極的には食べない。(出されれば食べる)

我が家の冷蔵庫管理者の私としては、早く片付けたいのです。

 

冷蔵庫と言えば、、、

 

私は

冷蔵庫の食材を綺麗に使い切ってすっからかんの状態が気持ちよくて好き。

 

チェコ人夫は

食材がぎゅうぎゅうに詰まっているのが嬉しいくて好き。

 

この人、物がない時代を経験しているからかな…とか思ったけど、イヤイヤ。35歳。

でもチェコのそう遠くない時代、いろんなものが貴重だったと聞きます。

そういえば実家の冷蔵庫も必要最低限しか・・・・

イヤイヤ、満杯です。なんだったら溢れてます。しかも2台あります、冷蔵庫。

物がなかった時の反動かな…

っていうか、物がなかった時代って本当に存在したのかな…

まだまだ知らないことだらけのチェコ生活。

 

 

って、我が家の冷蔵庫にある山羊のチーズですが

まだあと5分の1くらい残っているのですが、、、どうしたもんかな。

 

サラダに入れたり

 

ジャムと一緒にパイ生地で巻いてみたり

 

サンドウィッチに入れたりピザに乗せたりもしました。

けど、子供達は少しでもかけらが入っていると(たぶんその風味がダメ)全く食べません。

 

結論…

 

チーズは(特にクセのあるものは)小さいサイズを楽しむべし。

 

そして

どうか誕生日プレゼントにこのようなものが送られてきませんように…頼むよ、義理兄。

 

ちなみに去年の誕生日は生ハム500gとかで、これは美味しかったんだけど、量が…ね。

 

で、パンケーキにメイプルシロップと山羊チーズをトッピングしたのがたまらない美味しさでした。

これはまた買ってでもやりたい。ローストしたクルミをパラパラしても美味しかった。

 

しょっぱい+甘い+チーズのクセ 

が、ほんっと美味しかったです。

お試しあれ。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です