ゆきあそびに悔いなし。

こんにちは。

やっと春らしくなったと思ったのもつかの間、みぞれが降ったり風がピューピューしたり、また肌寒い日がちらほら。

さて先週は一週間、お山に行っておりました。

ブルノからは車で4時間弱、ドイツとの国境に近い南モラビアのŠumavaという所。

 

コテージを借りてスキーやソリ遊び、ハイキングなどなど、ゆったりまったり過ごしました。

 

3歳の娘は初スキースクールに参加。

去年はスキーをレンタルだけしたけど、まぁグダグダだったので…。

 

で、今年はどんなもんかな〜と思っていたけど、まぁまぁ楽しめたようです。

親が近くにいない方が真剣にやるのかもね…なんて思いました。

でも終わった後は「明日はしない」と言っていた…。

 

ちなみに

半日スキー一式レンタル+45分スクールで500czk(約2500円)

 

そんなに高くはないです。すごく安いかって言ったら謎。

 

そういう私も2、3歳くらいで初スキーだったのですが、まぁ好きじゃなかったです。

たぶん、親に教えられたからではないか?と思っているのですが、どうなんでしょうね。

私が子供の頃はスキー全盛期で、山の一番下まで降りてしまうとリフトに果てしない時間並ぶ…っていう人の多さだったのです。(通じる人いるかな)

そしてリフトを待っている間、頭の上で(子供の背丈から見るとそうなるの。)関西弁が飛び交うっていうのを鮮明に覚えています。(ちなみに地元は新潟)

 

今回行った場所はソリ遊び専用のゾーンとなだらかなゲレンデなので、子供が楽しめるところでした。

 

ベビーカーありなの!ここスキー場。

 

スキー場は日本と特に変わらず(というかもう何年も日本でスキーしていないのだけれど…)、不思議に思うことはないのですが、ここを走るベビーカーを見て、

 

「あぁチェコだわ〜」

 

と思いました。

 

え、日本のスキー場にも最近はベビーカーいるのかな??笑

 

ちなみに結構な数のベビーカーがあって、ソリにベビーシート(チャイルドシート)を付けて、そこに乗っている赤ちゃんもいました。

パパとママが代わりばんこに滑りに行くスタイルの夫婦が多かったです。

 

「子供がまだ小さいから」と言って活動範囲を制限しないんでしょうね。

というか、そういう発想がないのかも。

 

ちなみに我が家は車の移動はまだMAX4時間くらいなのですが、それ以上は親の私たちが悲鳴…。

長時間移動する子供たちはもちろんですが、何より親がすごいなぁと思ってしまいます。

だってあの密室で、あの絶叫(うちの娘だけ?)に耐えるって…

 

修行だよね。

 

そんな娘たちが車の中で一番遊んでくれるのは、カラオケができるおもちゃ。

マイクが付いているんですが、それがもうなんとも、

 

昔のファミコンのメインじゃない方のコントローラーに付いていたマイクみたいなボアボアした音を放って。

(音がこもるというの?)

あぁ、うまく説明したいけど全くうまくない説明…。

わかったくれる人いるかな。

 

でもこれが娘たちにウケて車内でひと通り歌うので、これでまぁまぁ時間が過ぎていきます…。

買ってくれたばあば、ありがとう…。

かなり重宝しております。

 

コテージでの料理のこと、次回のブログに書きます〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です